ワイヤロープの種別・種類・用途

ワイヤーロープの断面図

ワイヤーロープには用途毎に様々な種類があります。まずは規格や用途を理解して正しいワイヤーロープ選定をしていきましょう。

ワイヤーロープの種別

ワイヤロープの種別とはロープの切断荷重のクラス別のことで、JIS規格で「種」という用語を用い、E・G・A・Bの4種があります。いずれも、ロープを構成する素線の切断強度によってロープ切断荷重のクラス別の「種」が決まります。

JIS規格の素線による破断荷重(種別)区分

規格 種別 摘要
JIS

3525

E種(1320N/m㎡級) 裸及びメッキ(メッキ後冷間加工品含む)
G種(1470N/m㎡級) メッキ(メッキ後冷間加工品含む)
A種(1620N/m㎡級) 裸及びメッキ(メッキ後冷間加工品含む)
B種(1770N/m㎡級)

ワイヤーロープの種類・用途

ワイヤロープの種類については使用用途に応じて多岐多様にあります。使用目的にあった種類を用いなければ、経済性・ロープ寿命・安全性等に大きく影響しますので、十分に考慮してロープの選定をして下さい。

 

下記は、道具屋.com主力取り扱いワイヤロープ

JIS G-3525に定められているワイヤロープ及び主な用途

※ワイヤロープ径 6㎜以下はJIS規格外OUTワイヤロープ

 

ワイヤロープ構成の断面図

ワイヤーロープの断面図

 

  • 1号 構成:6×7 鉱山巻上げ 索道 スキーリフトなど
  • 3号3 構成:6×19 巻上策 林業作業索など
  • 4号 構成:6×24 玉掛用
  • 6号 構成:6×37 玉掛用 巻上げ索
  • 13号 構成:6×Fi(29) 荷役 天井クレーンなど
  • 18号 構成:7×7+6×Fi(29) 13号同上 高温箇所・切断荷重大の場合

 

ワイヤーロープの構成

  • 構成:7×7 河川・鉄鋼・林業・レジャー用などの静索・動索ステンレス製ワイヤロープ SB種(SUS304製) 主な用途
  • 構成:7×19 7×7同上 玉掛用
  • 構成:7×37 7×7・7×19同上

まとめ

ワイヤロープには様々なラインナップがございます。各々用途に応じたワイヤロープを選び、安全作業を心掛けていきましょう。

ご安全に!

 

参考 玉掛ワイヤーロープ道具屋.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA