シンブルの役割

今回は、シンブルについて説明いたします。

シンブルの役割は玉(アイ)の保護

玉掛ワイヤで荷物を吊り上げる際、ワイヤロープに1番荷重が掛かりやすい箇所は、玉(アイ)の部分になります。このアイの部分に直接当たらないように補強を入れることでアイを守り、ワイヤロープの寿命を高めます。その役割を果たす製品がシンブルです。

通常ワイヤロープに使用する製品は「A形シンブル」となります。※B形シンブルは被覆ワイヤー向け(被覆の厚みに合わせて選定)となります。

ワイヤロープと組み合わせは通常、径とシンブルの呼びを合わせて選びます。

参考 玉掛ワイヤー用シンブルA型道具屋.com

合成繊維ロープにはC形シンブルがあります。

参考 合成ロープ用シンブルC型道具屋.com

その他にもシンブルには各用途に応じて、ラインナップがありますのでご覧下さい。

参考 コースシンブル道具屋.com 参考 深溝ワイヤコース道具屋.com 参考 SUS板コース道具屋.com

組合わせ表

シンブルとJISシャックルについての組み合わせ表は、下記のようになります。※大洋製器工業様資料より抜粋

シンブルとJISシャックルの組合わせ表

 

まとめ

シンブルはワイヤロープ等を守るものとして、重要な役割を果たしています。

また、玉(アイ)のサイズを小さくしたい場合にも対応できます。

ご安全に!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA